株式会社ガハク

映画「アルプススタンドのはしの方」が面白すぎました! ブログ

こんにちは。ガハクのWebデザイナーのドウゲンです!
ミスドではゴールデンチョコレート派です!

さて、お盆ということで、ガハクでも8/13〜8/16まで夏休みをいただきました。
とは言うものの、今年はどこか旅行に行くというわけでもないので、基本的には家でのんびりしていました。
そんな中、夏休み最終日の日曜日には久しぶりに「アルプススタンドのはしの方」という映画を観賞してきました。

今回のブログは、デザインとは何も関係ありませんが、映画があまりに面白かったので、ただただおすすめさせてください!

「アルプススタンドのはしの方」は、もともと全国高等学校演劇大会で最優秀賞を獲得した戯曲で、その後浅草九劇で上演され、”浅草ニューフェイス賞”を受賞した舞台を映画化したものです。

甲子園を舞台にしているのに、野球のシーンは全く画面には映らず、音とナレーション、そして観客達の表情などだけで試合展開を想像させるという挑戦的な見せ方でした。

映画の中心は野球ではなく、「アルプススタンドのはしの方」に集まった、それぞれ悩みや苦悩を抱えた4人が、少しづつ上を向いていく感動的な物語でした。
僕自身もクラスの中心人物ではなかったので、胸に突き刺さる部分がたくさんありました。
と書くと感動的な青春映画のように思えてしまいますが、何よりもコメディ部分が素晴らしくてとにかく笑ってしまいました。
とにかく脚本がよくできていて、細かいネタがたくさん散りばめられていました。
もちろん青春映画としてもとても良い映画でした!

上映館も続々と広がっているようです。
「カメラを止めるな!」や「メランコリック」のように、日本のインディー映画が盛り上がっていってくれるのは映画好きとしてはとてもありがたいです。
映画に関わるデザインもしてみたいなぁ・・・

「アルプススタンドのはしの方」ぜひ、見てください!そして語りましょう!

アルプススタンドのはしの方 公式サイト
https://alpsnohashi.com/

Post : 2020.08.17

シェアする