株式会社ガハク

Post - 2021.06.02

Adobe Photoshopの「.psb」とは?

こんにちは!
ガハクのWebデザイナー兼コーダーのドウゲンです!
先日、近所のスーパーに行ったらチョコモナカジャンボが半額だったので、家の冷凍庫の中が天国です!

ガハクでは、ご依頼によってはWebのデザイン部分のみを担当させていただくことも多々あるんですけど、先日ちょっと変わった案件で、かなり長めのLP(ランディングページ)のデザインのみを担当させていただきました。

ざっと普段の倍くらいの長さのLPとなり、どんどんとファイルは重くなっていき、何度かの強制落ちを乗り越えながらも作業を続け保存しようと【Command】+【S】を押すと

「コンピューターまたはクラウドドキュメントに保存してください」と、「別名で保存」時の画面に。
知らない間に【Shift】も押していたかな?と思ってもう一度やっても同じ画面。
「何かおかしいな」と思いつつ、ひとまず「コンピューターに保存」を選択するとフォーマット形式と拡張子がいつもと違う・・・

とりあえず、保存してみると「.psb」という拡張子で保存されました。
初めて見る拡張子だったので作業がひと段落したタイミングで色々と調べてみる事に。

「.psb」とは

「.psb」とは「Photoshop Bigdocument」の略で「Bigdocument」の通り、カンバスサイズやファイルサイズが大きくなりすぎるといつもの「.psd」ではなく強制的に「.psb」での保存となります。

ちなみに以下のような時に「.psb」になります。

「.psb」の注意点

一見、違いは感じられないのですが、一部フィルターが使えなかったり古いバージョンのPhotoshopに対応していなかったりとデメリットもあるようです。

PCの性能はどんどんと上がっていき、CPUは早くなりメモリも増え、SSDなんていう革新的なドライブまで開発されていますが、扱うファイルサイズもどんどんと増えていき、イタチごっこをずうっと続けて行くしかないんでしょうね・・・

ちなみに、イタチごっことは、手の甲をつねり合う遊びだそうですが、果たして面白いのでしょうか。

この記事を書いた人

ドウゲンノブタケ

「ゴールデンゴールド」最高すぎません?

  • #ディレクション
  • #Webデザイン
  • #コーディング
  • #グラフィックデザイン
  • #写真撮影
CONTACT